赤身や熟成、ホルモンなどお肉の食べ方は幅広くあります。和牛の産地・鳥取県では平成18年から脂の質にこだわった牛の研究をはじめ、平成23年には肉の風味だけでなく、口の中で溶けて広がる牛肉の美味しさを実現した鳥取和牛オレイン55が誕生しました。 新しいお肉選びとして鳥取和牛オレイン55をチェックしてみよう!
「月(にくづき)」に「旨」と書くと脂になります。鳥取和牛オレイン55は、まさに脂の質にこだわった新しい霜降り和牛です。オリーブオイルの主成分でもあるオレイン酸を豊富に含んで、まろやかな脂肪、赤身のバランス良さ、お肉そのものの味がくちどけとして広がります。
オレイン酸とは、不飽和脂肪酸の一つで動物性脂肪や植物油に多く含まれます。オリーブ油から分離されたことに由来して「オレイン酸」と命名され、ナッツ類や椿油などにも豊富に含まれています。オレイン酸の特長として、血液中の悪玉コレステロールだけを下げる効果があることが知られています。 オレイン酸は、善玉コレステロールを下げずに、この悪玉コレステロールだけを下げるとして健康食品の成分としても注目されています。
鳥取和牛の中でも、認定されるものは多くはありません!最上級ブランド・鳥取和牛オレイン55に選ばれる厳しい条件を見てみましょう。
ブランド認定には以下の4つの基準があります。

① 鳥取県で最も長く飼養
② 黒毛和牛
③ オレイン酸55%以上
④「気高」号との血縁
オレイン酸測定を行い、55%以上のものを認定します。

・食肉脂質測定装置を使用
・枝肉状態で特定部分を測定
・その他基準と合わせて認定
新ブランド・鳥取和牛オレイン55の認定情報を知ることが出来ます。また、認定情報に登録されている個体識別番号から出生地、生年月日、生産者名などの情報が得られます。
認定情報一覧へ